L クリスタルアキューパンクチャー > チャクラはなぜうまく機能しなくなるの?

チャクラはなぜうまく機能しなくなるの?

小さいお子さんが、

なぜあんなに元気に動けるのか?




不思議ではないですか?





幼児や子供たちは

日々の生活を心配していないので、

チャクラがきれいに働いています。






相好間でスムーズにエネルギーを取り入れ、

また相互に廻してうまくエネルギーを

交換しているという状態なのです。






人間は、

生まれてから育っていく過程の中で、

親や家族・社会から

不安や限界を教えられて育つのです。






また人間関係や物質的な諸問題を

目のあたりにして、

ストレスを感じて育ちます。





また悲しみや不安などの感情を経験します。

そのためチャクラが


うまく働かなくなってしまいます。


自分で蓋をしていくことになるのです。


感情の蓋をしている人が、


どんなに多いことか。


実際ご本人も


気付いてないことがほとんどなのです。


(無意識レベルで反応してます)

chakra - 写真素材
(c) setecastronomy写真素材 PIXTA



チャクラとは、

サンスクリット語で

「車輪」という意味ですが、


これは「車輪」のようにくるくる回転しているからです。


チャクラは、

ストレスや負の感情によって

その動きが鈍くなることによって、


本来の働きが鈍くなり、

エネルギー供給もうまくいかなくなり、


チャクラ同士の連携もうまくいかなくなったりするのです。


チャクラの色も濁ってきたりします。



こうなるとエネルギーの不足によって、

元気がなくなり、感情が安定せず、


また病気や老化が起こりやすくなります。

そのため、

年齢が高くなるにつれて

加齢現象や病気になりやすくなるということです。

チャクラや経絡をきれいにし、

エネルギーがスムーズに出入りする状態にするために、


レインドロップやクリスタルの鍼灸、063_convert_20110904214245.jpg



場合によっては、

リコネクションというヒーリングの手法を施術しています。


エネルギーフィールドをクリアにすることによって、


身体のみならず、


気持ちや感情の状態の変化、


さらに人生のチャンスも引き寄せられてくると考えられています。


効果は様々であり、


必ずこうなるというものではありませんが、


これからの時代に、



大いに必要な分野のものであると思います。g_20100927213134.jpg
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する